【朝銀西信用組合】 高金利(1年0.5%)定期預金キャンペーン

私は、時代に取り残されたような垢抜けない地域金融機関ファンでありまして、旅行中に朽ち果てたような本支店を発見しますと、写真を撮ったり封筒を拝借したりしてしまいます。今までで最も萌えましたのは、高知県宿毛市にある[宿毛商銀(すくもしょうぎん)信用組合]です。[宿毛商銀信用組合]はホームページすら存在せず、店舗はボロボロ、預金量はたった155億円しかありません。”商銀”と名がつきますが在日韓国人の民族系金融機関ではないという紛らわしいところも愛すべきポイントです。

 

さてさて、意外と人気のある高金利定期預金の記事なのですが、今回は[朝銀西(ちょうぎんにし)信用組合]高金利定期預金キャンペーンのご紹介です。

 

[朝銀西信用組合]は、在日朝鮮人の相互扶助を目的とした民族系金融機関です。「朝銀」と言いますと、預金を北朝鮮へ送金したり、朝鮮総連の政治工作資金としての流用などにより相次いで破綻し、1兆4000億円もの日本の公的資金が投入されたという、いわゆる「朝銀事件」は記憶に新しいところです。その朝銀事件後に「朝銀」の名はすべて消滅したと私は思い込んでいたのですが、広島県福山市の国道2号線を走行中に「朝銀」と書かれた看板を見付けまして、すぐにネットで調べましたところ、破綻を逃れて日本国内で唯一「朝銀」の名が残っている金融機関[朝銀西信用組合]とのことでした。

 

20130115_1

 

ちなみに、「朝銀事件」で破綻した「朝銀」は、受け皿として新たに設立された信用組合で、健全化へ向けて日本人理事長&日本人の会計監査人を受け入れています。大阪の[ミレ信用組合]、関東の[ハナ信用組合]、京都・滋賀の[京滋信用組合]、兵庫の[兵庫ひまわり信用組合]の4つあります。日本人理事長は、客も役職員も在日朝鮮人ばかりの中で、よく重責な役を引き受けたなと思います。

 

一方、破綻せずに残った「朝銀」は越境合併し名称変更し、現存しているのは北海道・東北の[ウリ信用組合]、北陸・中部の[イオ信用組合]、そして中国・四国・九州の[朝銀西信用組合]の3つです。破綻を逃れましたので役職員&会計監査人はほとんど在日朝鮮人のままだと思われます。健全化できているのか疑問ですね。

 

そんな健全化できているか疑問な[朝銀西信用組合]の特別優遇金利定期預金「フラワー」が高金利です。

 

期間:1満期

年利:0.5

金額:10万円以上

 

 

[朝銀西信用組合]の営業区域は、中国・四国・九州地方です。中国・四国・九州地方にお住まいの方であれば、私達日本人でも口座開設することが可能です。

 

非常に高金利で、且つ預金は日本政府に保護されていますが、倫理的にどうなのでしょうか。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ