大阪の商業施設主体型REIT[8977 阪急リート投資法人]から分配金をいただきました。

2013年2月20日に[8977 阪急リート投資法人]から、7回目(第15期)分配金をいただきました。

 

第15期の資産運用報告を見てみますと、FFO(当期純利益+減価償却費-不動産等売却損益)は2,031百万円だったと記載がありました。

 

20130220_12

 

 

FFO倍率を計算してみようと思います。FFO倍率はリートの投資指標のひとつで、株式投資で言うPERに相当します。FFO倍率はキャッシュフローによる投資回収年数に相当しますので、FFO倍率が低いほど収益面で割安だということを示します。

 

発行済投資口は85,400口ですので、1口あたりのFFOは23,782円。3月8日終値は564,000円でしたので、実績FFO倍率23.72倍という計算になります。FFO倍率が20倍を超えており、今の投資口価格は割高だということを示しています。将来的に地価が騰がり、賃料も騰がって収益が増えることを見込んでいるのかなと思います。

 

ここまではできるだけ多くの資産でアベノミクスを受け止めてきましたが、そろそろちょっとずつ利益確定を進めていこうと思っています。

 

いただいた分配金の明細

 

20130220_11

 

20130220_10

 

 

基準日:2012年11月30日

入金日:2013年02月20日

分配金(税引前):1口あたり12,228円×7口=85,596円

所得税(法人7%+復興所得税):6,117円

─────

分配金(税引後):79,479

 

 

ありがたく生活費として使わせていただきます。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ