【安定した分配金】伊藤忠系。日本最大の住宅特化型リート[3269 アドバンス・レジデンス投資法人]から分配金をいただきました。

今日ご紹介する私の保有銘柄は、国内REITの[3269 アドバンス・レジデンス投資法人]です。

 

[3269 アドバンス・レジデンス投資法人]は、日本最大の住宅特化型J-REITです。ポートフォリオの85%が東京・首都圏の物件となっています。スポンサーは伊藤忠商事・伊藤忠都市開発です。

 

執筆時点での全J-REIT平均予想利回りは3.69%ですが、[3269 アドバンス・レジデンス投資法人]の予想分配金利回りは4.04%となっており、平均より高めの利回りとなっています。

 

[3269 アドバンス・レジデンス投資法人]からは、「第2回投資主総会招集のご通知」「第6期(2013年2月1日~7月31日)資産運用報告」「分配金計算書」が手元に届いております。

 

20131011_11

 

20131011_12

 

 

「第6期(2013年2月1日~7月31日)資産運用報告」を見てみますと、外部成長として、期初に実施した公募増資などで得た資金224億円で、14物件を新規取得(取得価格約259億円)したようです。新規取得物件を取得金額の大きいものから見ていきますと、レジディアタワー上池袋、レジディア都島Ⅰ・Ⅱ、レジディア心斎橋ウエスト、レジディア大森Ⅱ、レジディア札幌駅前、レジディア白金高輪、レジディア九段下Ⅱ、レジディア御所東・・・となり、首都圏だけではなく、大阪・札幌・京都などの利回りの高い地方物件も多く含まれていることが分かります。2013年1月期実績簿価NOI利回りは5.3%でしたが、今期に新規取得した14物件の平均想定NOI利回りは6.0%なので、ポートフォリオ全体の収益力を押し上げることができたようです。

 

稼働率UP、バリューアップ工事などの内部成長も合わせて、当期の実績簿価NOI利回りは前期比+0.2ポイント向上した5.5%となったようです。

 

この調子で、中期目標と掲げている「1口あたり当期純利益4,500円」を、ぜひ達成して欲しいものです。

 

[3269 アドバンス・レジデンス投資法人]から分配金をいただきました。

 

20131011_13

 

20131011_10

 

 

2013年10月11日に、[3269 アドバンス・レジデンス投資法人]から「第6期(2013年2月1日~2013年7月31日)分配金」をいただきました。

 

第6期の「1口あたり分配金」は4,597円となりました。私の保有口数は2口ですので税込で9,194円になりました。そこから法人の所得税7.147%を差し引きまして実際にいただきました金額は8,537となりました。インカムゲイン累計に加算して、ありがたく生活費として使わせていただきます。