【配当+優待=4.42%】鉱物・金属素材や特殊ポンプ等の専門商社[3023 ラサ商事]から中間配当金をいただきました。

今日ご紹介する私の保有株は[3023 ラサ商事]です。

 

[3023 ラサ商事]は、鉱物・金属素材や特殊ポンプ等の専門商社です。社名の「ラサ」とは何なのか、Webに記述がありましたのでご紹介します。

 

“ラサ"の由来

当社の社名は、沖縄県に属する通称「ラサ島」に由来します。ラサ島は現在、公式には沖大東島と呼ばれています。
このラサ島でリン鉱石を採掘したのが、ラサ島燐礦(現在のラサ工業)です。当社は、ラサ工業の販売部門として1939年に設立されました。当初はラサ工業の子会社でしたが、現在では幅広い商品を扱う独立系の商社として発展を続けています。

社名の由来|ラサ商事について|ラサ商事株式会社

 

歴史のある企業のようです。元々は[4022 ラサ工業]の子会社だったのですね。

 

さて、[3023 ラサ商事]の2013年9月末の中間決算を受けて、[3023 ラサ商事]から「RASA REPORT 第112期 上半期報告書」と「配当金計算書」が手元に届きましたので見ていきます。

 

まずSBI証券で[3023 ラサ商事]の投資指標を見てみますと、12月20日(金)終値452円から計算された予想PERは10.18倍、実績PBRは0.52倍となっておりまして、収益面では妥当な評価、資産面では割安です。

 

また、予想配当利回りは3.32%となっており普通ですが、[3023 ラサ商事]には株主優待制度がありまして、単元株(100株)以上保有でクオカード500円をいただくことができます。単元株保有だと総合利回り4.42%となり、高利回りとなっています。さらに、1年以上継続保有するとクオカード500円から1,000円に増額されます。

 

20131203_12

 

20131203_13

 

 

「RASA REPORT 第112期 上半期報告書」を見てみますと、当期上半期は大幅な減収減益となっていることが分かります。主な減収要因は、主力商品である資源・金属素材のジルコンサンドの最大需要先である中国向けが低迷したことです。ジルコンサンドは来期も厳しいようですが、特殊ポンプは電力、製造業向けが上向いているようです。

 

業績の先行きは注視していく必要がありますが、総合利回りが高いので単元株の長期保有を続けるつもりで考えています。

 

[3023 ラサ商事]から配当金をいただきました。

 

20131203_11

 

20131203_10

 

 

2013年12月03日に、[3023 ラサ商事]から「第112期(2013年4月1日~2014年3月31日)中間配当金」をいただきました。

 

第112期 中間の「1株あたり配当金」は7.5円となりました。私の保有株数は100株ですので税込で750円になりました。そこから法人の所得税7.147%が差し引かれまして実際にいただきました金額は697となりました。インカムゲイン累計に加算して、ありがたく生活費として使わせていただきます。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ