【配当利回り3.07%】連続増配&自己株式取得・消却など株主還元に積極的な[9432 日本電信電話(NTT)]から中間配当金をいただきました。

今日ご紹介する私の保有株は[9432 日本電信電話(NTT)]です。

 

[9432 日本電信電話(NTT)]は、私のもっとも愛すべきビジネスである通信のストックビジネスを展開しています。私の日本株式ポートフォリオのうちNTTグループだけで30%も占めています。

 

 

 

[9432 日本電信電話(NTT)]にはNTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、[9437 NTTドコモ]、[9613 NTTデータ]などの主要子会社がありますが、[9432 日本電信電話(NTT)]の利益の7割は[9437 NTTドコモ]からのものです。[9432 日本電信電話(NTT)]の業績は[9437 NTTドコモ]に懸かっていると言ってもいいと思います。

 

[9432 日本電信電話(NTT)]の2013年9月末 中間決算を受けて、[9432 日本電信電話(NTT)]から「NTTis・・・2013冬号」と「配当金計算書」が手元に届きました。

 

20131209_32

20131209_33

 

 

「NTTis・・・2013冬号」を見てみましても、さすが通信のストックビジネスだけあって、業績の安定感は半端ないです。安心感があります。

 

SBI証券で[9432 日本電信電話(NTT)]の投資指標を見てみますと、12月27日(金)終値5,530円から計算された予想PERは10.75倍、実績PBRは0.76倍となっておりまして、収益面で妥当な株価となっています。予想配当利回りは3.07%で、高配当と言うには少し物足りません。ただ、[9432 日本電信電話(NTT)]は2012年11月に発表した中期経営戦略の中で、1株あたり当期純利益(EPS)を2016年3月期までに、2012年3月期比で+60%以上成長させるという素敵な目標を掲げています。実際に2012年3月期からありがたいことに毎年自己株式取得・消却を進めてくれています。また、毎期連続増配もしていることから、株価が上がってPERが上昇、配当利回りが低下したとしても長期保有し続ける魅力があると思っています。

 

[9432 日本電信電話(NTT)]から中間配当金をいただきました。

 

20131209_31

 

20131209_30

 

 

2013年12月09日に、[9432 日本電信電話(NTT)]から「第49期(2013年4月1日~2014年3月31日)中間配当金」をいただきました。

 

第29期 中間の「1株あたり配当金」は80円となりました。私の保有株数は700株ですので税込で56,000円になりました。そこから法人の所得税7.147%が差し引かれまして実際にいただきました金額は51,998となりました。インカムゲイン累計に加算して、ありがたく生活費として使わせていただきます。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ