【配当+優待=4.21%】製パン・製菓向け液卵製販の[2924 イフジ産業]から中間配当金&株主優待「たまごギフト券」をいただきました。

今日ご紹介する私の保有株は[2924 イフジ産業]です。

 

[2924 イフジ産業]は、鶏卵をあらかじめ割卵し「液卵」「冷凍卵」へ製造加工し、主にパンメーカー、菓子メーカー、惣菜メーカー等に販売しています。液卵製販では国内2位ですが、独立系では最大手とのことです。非常に魅力的なビジネスだと思います。こういう魅力的なビジネスを自分でやりたくてもできないので、株式保有という形でこの魅力的なビジネスをシェアすることができて満足しています。

 

私は元々[2924 イフジ産業]を100株保有していましたが、2013年6月30日をもって1→1.5株の株式分割を行ったことで、150株保有となっています。株式分割しても単元株は100株のままなので、50株は端株ということになりました。

 

 

 

SBI証券で[2924 イフジ産業]の投資指標を見てみますと、12月27日(金)終値522円から計算された予想PERは8.71倍、実績PBRは1.12倍となっておりまして、収益面で割安な株価となっています。予想配当利回りは3.07%で、高配当と言うには物足りませんが、その代わりに[2924 イフジ産業]には株主優待制度があります。

[2924 イフジ産業] 株主優待

100株以上保有 「たまごギフト券」600円(300円を年2回)

1,000株以上保有 「たまごギフト券」2,400円(1,200円を年2回)

「たまごギフト券」はスーパー等で卵と引換できます。卵は生活必需品であり、「たまごギフト券」は換金性も高いことから、このblogでは「たまごギフト券」を現金と同等の扱いをしています。ということで、[2924 イフジ産業]を単元株100株保有すると、配当金と「たまごギフト券」を合わせた総合利回りは4.21%と、4%を超える高利回りとなります。

 

20131210_12

 

 

[2924 イフジ産業]の2013年9月末 中間決算を受けて手元に届きました「第42期 中間株主通信」を見てみますと、当第2四半期の業績は前年同期比で売上高は12.0%増加、営業利益は7.0%減少、経常利益は7.9%減少となりました。売上高の増加は鶏卵関連事業において販売数量が増加したことが要因です。営業利益、経常利益が減少したのは夏の猛暑の影響などによる鶏卵の供給減により鶏卵相場が上昇し、原料買付け単価が上昇したことが主な要因のようです。四半期純利益に関しては、法人税等調整などによって2.1%増加しています。

 

[2924 イフジ産業]から株主優待「たまごギフト券」をいただきました。

 

20131210_13

 

 

私は100株以上保有ですので、「たまごギフト券」300円をいただきました。インカムゲイン累計に加算して、スーパーで卵を買う時に使わせていただきます。

 

[2924 イフジ産業]から中間配当金をいただきました。

 

20131210_11

 

20131210_10

 

 

2013年12月10日に、[2924 イフジ産業]から「第42期(2013年4月1日~2014年3月31日)中間配当金」をいただきました。

 

第42期 中間の「1株あたり配当金」は8円となりました。私の保有株数は150株ですので税込で1,200円になりました。そこから法人の所得税7.147%が差し引かれまして実際にいただきました金額は1,115となりました。インカムゲイン累計に加算して、ありがたく生活費として使わせていただきます。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ