【分配金利回り4.56%】関西圏のオフィス・商業施設中心の複合型J-REIT[8977 阪急リート投資法人]から分配金をいただきました。

今日ご紹介する私の保有株は、J-REITの[8977 阪急リート投資法人]です。

[8977 阪急リート投資法人]は、関西圏のオフィス・商業施設中心の複合型J-REITです。2月27日(木)の終値539,000円から計算した予想分配利回りは4.56%となっておりまして、全REIT平均予想利回り3.66%より高い分配利回りとなっています。

[8977 阪急リート投資法人]の第17期(2014年6月1日~2014年11月30日)決算を受けて、「第17期 資産運用報告」と「分配金計算書」が手元に届いています。

20140219_12

20140219_13

「第17期 資産運用報告」をめくってみますと、白木社長から、なんとも感慨深い宣言がありました。

「阪急リートは成長軌道への回帰を果たしました」

私はただ投資家として長期保有していただけですが、一緒に頑張ってきたような気がして、本当に嬉しいです。

第17期の「1口あたり分配金」は前期より1,179円上回る12,985円になりました。ずっと減少し続けていた分配金がようやく増加に転じることができました。また、前期の第16期での資産入替えや第17期の公募増資、保有物件の鑑定評価額の上昇などにより、LTVが前期の53.5%から48.6%に大幅に改善しました。

20140219_14

第17期の外部成長戦略としては、2013年6月に公募増資を行い、同月に「イオンモール堺北花田(敷地)」「万代豊中豊南店(敷地)」、11月に「北青山3丁目ビル」を取得しました。これにより期末の運用資産は19物件1,278億円となりました。

第17期のFFO(当期純利益-不動産等売却損益+減価償却費)は2,310百万円と記載がありました。発行済投資口は105,200口ですので、「1口あたりFFO」は21,958円になります。2月27日(木)の終値539,000円から計算すると「年換算後FFO倍率」は12.27倍となりました。13倍を下回っており、私の基準では今の投資口価格(株価)は妥当な水準だと言えます。今保有している口数を分配金をいただきながら長期保有するつもりです。

[8977 阪急リート投資法人]から分配金をいただきました。

20140219_11

20140219_10

2014年2月19日に、[8977 阪急リート投資法人]から「第17期(2014年6月1日~2014年11月30日)分配金」をいただきました。

第17期の「1口あたり分配金」は12,985円となりました。私の保有口数は7口ですので税込で90,895円になりました。そこから法人の所得税15.315%を差し引きまして実際にいただきました金額は76,975となりました。インカムゲイン累計に加算して、ありがたく生活費として使わせていただきます。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ