【配当利回り3.84%】技術者派遣・請負の[2154 トラスト・テック]から配当金です。

本日ご紹介する銘柄は、東証一部上場の[2154 トラスト・テック]です。

[2154 トラスト・テック]の事業内容は「製造系技術者派遣・請負」と「開発系技術者派遣」の2本柱です。景気回復に伴う人材不足で、現在創業来の繁忙期を迎えているそうで、実際に2月7日に通期業績予想の上方修正と増配の発表を出しました。業績は本当に絶好調と言えます。

  • 第2四半期連結業績予想と実績値との差異及び通期連結業績予想の修正並びに剰余金の配当(中間配当)及び期末配当予想の修正に関するお知らせ(2014年2月7日)

[2154 トラスト・テック]の過去2年間の株価の推移を見てみますと、アベノミクスが始まる前は500円前後だった株価が、3倍の1,600円を超える高値をつけるまでに急騰しました。足元では少し調整しており、3月12日終値は1,303円となっています。

20140303_06

[2154 トラスト・テック]の投資指標をSBI証券で見てみますと、3月12日(水)の終値1,303円から計算された予想PERは14.59倍、実績PBRは3.46倍となっておりまして、割高な株価水準となっていますが、成長性を考えますとまだまだ割安だとも言えるかと思います。

予想1株配当金は50円、予想配当利回りは3.84%となっており、まぁまぁの高配当株式だと言えます。

先日、2013年12月31日の第2四半期決算を受けて「第10期 第2四半期 株主通信」と「配当金計算書」が郵送で届きました。

20140304_12

20140304_13

「第10期 第2四半期 株主通信」を見てみますと、第2四半期の業績は売上高・利益ともに当期予想を上回り、売上は二桁増収、営業利益は倍増したとありました。お見事な伸びっぷりです。2014年6月期の通期業績見通しも同じく当初予想から売上高・利益ともに上方修正し、売上高は前期比19.3%増の178.0億円、営業利益は同78.3%増の12.8億円、経常利益は同61.7%増の13.0億円、当期純利益は同69.6%増の7.8億円としています。売上高よりも利益の増加率が高いのは、人材不足に伴う単価アップにより経常利益率が前年同期の4.7%から7.6%へ劇的に改善したことが要因です。

[2154 トラスト・テック]から配当金をいただきました。

20140304_11

20140304_10

2014年3月04日に、[2154 トラスト・テック]から「第10期(2013年7月1日~2014年6月30日)中間配当金」をいただきました。

今回いただきました中間配当金は1株あたり20円、私の保有株数は200株ですので税込で4,000円になりました。そこから法人の所得税15.315%が差し引かれまして実際にいただきました金額は3,388となりました。インカムゲイン累計に加算して、ありがたく生活費として使わせていただきます。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ