国内債券クラスの投資先【インデックスポートフォリオ】

2015032001

現在準備中の【インデックスポートフォリオ】ですが、各アセットクラス別にどの金融商品に投資するかを1つずつご紹介していこうと思います。まず一発目の本日は、【インデックスポートフォリオ】の運用資産2億円のうち、半分の1億円も配分しちゃう国内債券クラスからご紹介します。

結論から言いますと、国内債券クラスのポートフォリオは[個人向け国債 変動10年]、原則1年満期の[定期預金]で保有します。

国内債券クラスのポートフォリオ

[個人向け国債 変動10年] 31,000,000円
[大阪協栄信用組合 定期預金]
年利0.6%
法人10,000,000円
個人10,000,000円
[大阪厚生信用金庫 定期預金]
年利0.45%
10,000,000円
[大阪信用金庫 定期預金]
年利0.5%
10,000,000円
[近畿産業信用組合 定期預金]
年利0.6%
10,000,000円
[大同信用組合 定期預金]
年利0.6%
9,000,000円
[播州信用金庫 定期預金]
年利0.46%
10,000,000円
合計 100,000,000円

既に国内債券クラスのポートフォリオは完成しています。

[個人向け国債 変動10年]、[定期預金]を選択した理由

国内債券クラスのポートフォリオで[個人向け国債 変動10年]と[定期預金]を選択し、なぜ[SMT 国内債券インデックス・オープン]や[eMAXIS 国内債券インデックス]などのインデックスファンドを選択しなかったのか。それは、「日本国債価格は大暴落するのだ!」と思っている訳ではありませんが、国内債券は金利上昇(債券価格は下落)するリスクの大きさの割に期待できるリターンが小さ過ぎるのではないかと思います。そこで、金利上昇メリットを享受できつつも、元本保証されており価格下落リスクのない[個人向け国債 変動10年]と、1年満期の[定期預金]を選択するのがいいのかなぁ、と思ったからです。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ