ベトナム航空(VN659便) ホーチミン→シンガポール【シンガポール旅行記②】

前回の「シンガポール旅行記」第1回目では、

関西空港からホーチミンまでをご紹介しましたが、

第2回目の今回は、ホーチミンからシンガポールまでをご紹介します。

スポンサーリンク

ホーチミン タンソンニャット国際空港 (SGN)

シンガポール100

タンソンニャット国際空港での乗り換え時間は2時間40分ありましたので、

空港内のお土産屋などをウロウロしました。

美味しそうなベトナム料理のレストランなどもありました。

搭乗開始時間に合わせて搭乗ゲートに行ったのですが、

誰も人がおらず、乗り遅れたのかと思ってかなり焦りました。

どうやらウロウロしているうちに搭乗ゲートが変更になったようです。

タンソンニャット国際空港では

搭乗ゲートの変更が頻繁にあるようなので気を付けた方がいいですね。

私たちが変更後の搭乗ゲートに辿り着いたのは、

搭乗時間締め切り間際でした。

シンガポール102

ベトナム航空 VN659便に搭乗

搭乗しましたのはタンソンニャット国際空港を16:30に出発する、

シンガポール チャンギ空港行きのベトナム航空 VN659便です。

チャンギ空港までの飛行時間は2時間です。

シンガポール101

エコノミークラスの座席(シート)はこんな感じでした。

シンガポール103

気のせいかもしれませんが、

シートピッチはVN321便より少し広く感じました。

パーソナルモニターや充電用のコンセントはありません。

ベトナム航空 VN659便の機内食

機内食はビーフとチキン(フィッシュだったかも)から選べました。

こちらがビーフの料理です。

シンガポール105

そしてこちらがチキン(フィッシュ?)の料理です。

ライスではなくジャガイモです。

シンガポール104

ちょっと早めの夕食として、

美味しくいただきました。

シンガポール チャンギ空港 (SIN)

定刻の現地時間19:25(日本時間20:25)から少し遅れて、

シンガポール チャンギ国際空港に着きました。

日本との時差はマイナス1時間です。

シンガポール106

アジアのハブ空港だけあって、ものすごく大きな空港です。

シンガポール107

空港内にはシティバンクのATMもありました。

海外旅行先にシティバンクがあれば

現地通貨で引き出せるので非常に便利ですよね。

ちなみに私は大阪梅田にある金券ショップ「チケットゾーン」で

シンガポールドルに両替してきました。

その方が少しですがレートがよかったです。

ということで、今回は「シンガポール旅行記」の、

ホーチミンからシンガポールに到着するまでのお話でした。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ