インデックス各アセットクラス月間騰落率(2016年1月)

benchmark01

ヤマノです。

2016年1月のマーケットが閉まりましたので、今回は2016年1月のインデックス各アセットクラス月間騰落率を確認しておきたいと思います。計算では簡易的にSMTインデックスシリーズの各インデックスファンドの基準価額(分配金再投資)を使っています。

201501e_benchmark01

いちばん右の「バランス」は、[SMT インデックスバランス・オープン]の月間騰落率です。アセットアロケーションは下の画像のように9資産に分散されています。

benchmark03

(※上記画像は三井住友トラスト・アセットマネジメントのサイトより引用)

2016年1月の騰落率ランキング

  1. +2.12% 国内REIT (SMT J-REITインデックス・オープン)
  2. +1.52% 先進国債券 (SMT グローバル債券インデックス・オープン)
  3. +1.21% 国内債券 (SMT 国内債券インデックス・オープン)
  4. -1.40% 新興国債券 (SMT 新興国債券インデックス・オープン)
  5. -4.42% バランス (SMT インデックスバランス・オープン)
  6. -6.26% 先進国REIT (SMT グローバルREITインデックス・オープン)
  7. -7.46% 国内株式 (SMT TOPIXインデックス・オープン)
  8. -8.89% 先進国株式 (SMT グローバル株式インデックス・オープン)
  9. -9.22% 新興国株式 (SMT 新興国株式インデックス・オープン)

2016年1月は国内外の株式クラスが非常に弱く、月末に日本でマイナス金利導入を決めたことにより国内REITクラスが強かったことが分かります。バランス型インデックスファンドの[SMT インデックスバランス・オープン]は4.42%の下落となりました。

みなさんの資産運用の2016年1月のパフォーマンスは、このインデックスに対していかがでしたか?私がアクティブ運用している【インカムファンド】はこのインデックスに勝っているのか、この後ご報告します。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ