純金融資産に占めるリスク資産、無リスク資産の割合を計算してみるの巻

20160614_02

ヤマノです。

私の総金融資産(不動産や自動車等を含まず)は推定ウン十億円ありますが、自由に動かせないエンジェル投資先の非上場株式を除くと、自由に動かせる総金融資産は2016年5月末時点で3億4,000万円ほどあります。

この3億4,000万円のうち、リスク資産と無リスク資産(安全資産)の割合がどのくらいになっているのか、実は把握していなかったので、今回計算してみました。

なお、[個人向け国債]や[定期預金]は、日本に永住する私にとっては為替リスクもなく元本保証のため、日本円のキャッシュと同じく無リスク資産として取り扱います。日本の国家破綻リスクなどは考慮しません。無リスク資産とはそういうものらしいです。

さかのぼりまして過去のエクセルシートを見てみますと、2014年8月末時点でリスク資産は、なんと2億3,000万円もありました。当時はイケイケドンドンの運用方針だったのでリスク資産の割合が高かったですね。友人がSMBC日興証券のIFAをしていたというご縁で資産運用をしていましたが、その友人と喧嘩別れをしてIFA契約を解約したという経緯もあって、そこから株式や投資信託をどんどん売却して縮小を進めてきました。円安株高が進んだタイミングで売却することができたので、今から思えばとてもタイミングのよい喧嘩別れでしたね(笑)

現在私は2つのポートフォリオで自力で資産運用しています。それぞれ【インデックスファンド】【インカムファンド】と名付けています。その2つのポートフォリオで、2016年5月末時点でのリスク資産、無リスク資産の金額は下記の通りでした。

  • 【インデックスファンド】(運用資産 1億円)
    リスク資産 5,000万円(50%)
    無リスク資産 5,000万円(50%)
  • 【インカムファンド】(運用資産 9,000万円)
    リスク資産 4,000万円(45%)
    無リスク資産 5,000万円(55%)

この2つのポートフォリオに入れていない純金融資産は1億5,000万円ありまして、[個人向け国債]や[定期預金]、[普通預金]で寝かせています。これはすべて無リスク資産です。

  • ポートフォリオ外の資産 1億5,000万円
    無リスク資産 1億5,000万円(100%)

計算しますと、現在のリスク資産は【インデックスファンド】で5,000万円、【インカムファンド】で4,000万円の、合計9,000万円となりました。知らぬ間に1億円を切っていたようです。2014年8月末時点でのリスク資産は2億3,000万円あったので、1億4,000万円分も縮小したという計算になります。大胆にリスク資産を減らしてきたのだと、計算して初めて気づきました。

以上より、自由に動かせる総金融資産3億4,000万円のうち、リスク資産が9,000万円、無リスク資産が2億5,000万円あるということは、リスク資産の割合は約26%、無リスク資産の割合は74%となりますね。思っていたよりもリスク資産の割合が小さかったです。30%以上はあると思っていました。

私は投資環境の先行きに悲観論者ですので、20%くらいまでリスク資産の割合を減らしておいてもいいかなと思います。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ