[5711 三菱マテリアル]の株主優待で、土肥金山を無料で観光するの巻

20151222_03

(この記事は2016年1月の記事を加筆修正したものです。)

ヤマノです。

本日ご紹介する私の保有銘柄は、[5711 三菱マテリアル]です。

私が運用している【アクティブ・ポートフォリオ】に、株主優待目当てで組み込んでいます。

近い将来、[5711 三菱マテリアル]の株主優待券を使って、優待価格で実物の金地金(ゴールドバー)もしくは金貨(ゴールドコイン)を買うつもりです。

私は完全にゴールドに魅了されちゃってます。実物のゴールドのどっしりとした重さ、そして何より高貴な輝きは、触れたり眺めたりするだけで幸福感が得られます。

投資家としてゴールドの無国籍通貨という側面を魅力的に思って[1540 純金信託]をポートフォリオに組み込んでいますが、ETFでは触れたり眺めたりできず幸福感を得られません。実物を買うのは投資家として合理的ではないかもしれませんが、これは投資というより趣味の部類に入るのでしょうね。

さて今回は、[5711 三菱マテリアル]の株主優待にはグループ会社が運営する観光坑道の入場料が無料になるというものもありまして、その中のひとつ伊豆の土肥金山に行って参りましたのでご紹介します。

それではご覧下さい。

スポンサーリンク

[5711 三菱マテリアル]の株主優待で、全国4つの観光坑道の入場料が無料になります!

参考 [5711 三菱マテリアル]に関する記事一覧

20151222_01

[5711 三菱マテリアル]の株主優待券で入場料が無料になる観光坑道は全国に4つあります。

  • 史跡 佐渡金山(新潟県佐渡市)
    宗太夫坑または道遊坑 入場料900円→無料
  • 史跡 尾去沢鉱山(秋田県鹿角市)
    石切沢洞坑コース 入場料1,000円→無料
  • 史跡 土肥金山(静岡県伊豆市)
    観光坑道 入場料860円→無料
  • 史跡 生野銀山(兵庫県朝来市)
    観光坑道 入場料900円→無料

それぞれの観光坑道で株主優待券1枚につき一度に5名まで利用可能です。一度利用しても株主優待券は回収されずに日付のスタンプを押されるだけとなっていまして、優待期間中は何度でも利用が可能です。

いざ土肥金山へGO!

20151222_03

この4つの観光坑道のうち、今回は土肥金山へワイフを連れて行って参りました。

土肥金山は、かつて「黄金の国」と言われていた日本で、佐渡金山に次ぐ国内第2位の金産出量を誇っていたそうです。昭和40年に閉山となって今は観光施設となっています。

20151222_08

[5711 三菱マテリアル]の株主優待券を提示すると日付のスタンプが押され、通常は1人あたり860円するこちらの入場券を無料で2枚いただけました。合計1,720円もお得になりました。

20151222_02

坑道が総延長100キロメートル以上あった土肥金山ですが、観光坑道の長さはそのうち350メートルだけとなっているようです。所要時間は20分ほどです。

20151222_04

坑道はこんな感じです。薄暗くて天井が低いです。

20151222_05

江戸時代には電動ドリルなんてものはなかったので、このような手掘りでした。この人形は電動で動いています。

20151222_09

金運パワースポットとされる「山神社」。黄金の鳥居にお祈りして金運UP!

20151222_10

同じく金運パワースポットとされる「銭洗い」。小銭をこの泉で洗うことで金運UP!

20151222_06

坑道内には温泉が湧き出たことで坑内風呂もあったそうです。このようなセクシー人形も見られます。

つづく

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ