アクティブ・ポートフォリオ運用戦術(7/19時点)

20160719_01

ヤマノです。

私がアクティブ運用している【アクティブ・ポートフォリオ】では、相場のクラッシュ(大暴落)を見越して、リスク資産を縮小させている過程にあります。

ちなみに私がパッシブ運用をしているもうひとつの【パッシブ・ポートフォリオ】は普段通りの運用を続けています。相場がクラッシュすると思っているのに、なぜパッシブファンドでもリスク資産を縮小しないのかと思われるかもしれませんが、私は投資先だけではなく運用戦略も分散させているのです。パッシブファンドではリバランスしながら全世界の株式、債券、REITの市場に常に居続けることで平均的なリターンを取るという運用戦略です。

今回は、アクティブファンドで現在考えている戦術をご紹介します。

2016.7.30 「戦略」と「戦術」を使い分けできていなかったので、一部文言修正しました。
スポンサーリンク

短期的運用戦術

まずは短期的運用戦術をご紹介します。

私は7~10年に1度のペースで相場はクラッシュするものだという説を信じています。そして今の株高、債券高の相場が始まってから既に8年以上が経過しています。もしかしたら大暴落の足音はもう近くまで来ているのかもしれません。クラッシュの準備は中長期的な戦術ではなく短期的な戦術として進めています。

次のクラッシュの際には世界同時株安、債券安になり、為替は円高になると考えています。そしてその円高は最後の円高ではないかと思っていて、それについては後述する長期戦術で対応します。無国籍通貨である金(ゴールド)は一時的に下げてもすぐに戻して高くなると考えています。

国内株式クラス

現在の運用資産1,600万円から1,000万円分売却し、600万円まで減らします。

クラッシュ後に全力で買い出動します。

国内債券クラス

現在の運用資産5,500万円から、ポートフォリオ外で保有している[個人向け国債]5,000万円分をポートフォリオに組み込み、1億500万円まで増やします。

国内REITクラス

現在の運用資産1,100万円を全部売却します。

先進国株式クラス

現在の運用資産550万円を全部売却します。(※7/19全部売却済)

クラッシュ後に全力で買い出動します。

先進国債券クラス

現在は先進国債券クラスは保有していませんが、先進国株式の売却資金で円転せずに[米ドルMMF]を購入し、さらにポートフォリオ外で保有している[米ドルMMF]1,000万円分をポートフォリオに組み込み、1,500万円まで増やします。

先進国REITクラス

クラッシュ後に全力で買い出動します。

新興国株式クラス

クラッシュ後に全力で買い出動します。

新興国債券クラス

クラッシュ後に全力で買い出動します。

コモディティクラス

現在の[1540 純金上場信託]50万円から、国内株式、国内REITの売却資金で2,000万円まで買い増やし、クラッシュ時のバッファーとなることを期待します。

中長期的運用戦術

続いて中長期的運用戦術をご紹介します。

ちょっとまだ考えが完全に固まってないのですが、中長期的には円高は続かず、日本は円安、強いインフレになるのは避けられないと考えています。

そうなる前に資産の置き場所を、日本国内から海外、無国籍通貨の金(ゴールド)に比重を移すつもりです。

あくまでも「なんちゃって素人ファンドマネージャー」の私の考えですので、ご自身で判断下さいますようお願いします。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ